主たる取扱分野

当事務所は、主として、以下のような分野において専門性を有します。

1 広告等のネットビジネス
インターネットの最大手の企業で広告事業法務部門を社内弁護士の立場でみていた経験や、別の大手インターネット企業における週1での社内常駐での業務経験等もあり、広告・データ・ネット通販(医薬品等を含む)、ゲーム・プラットフォームの事業(日本オンラインゲーム協会元監事)等、インターネット関係のビジネスの案件を多く扱ってきました。

業務提携契約、ライセンス契約等で扱った案件は自分でも数え切れません。
個人情報保護法/特定商取引法/特定電子メール法/景表法/下請法(業務委託契約等)/薬機法/古物営業法(ネットオークション等)等、ネットビジネスに関連する法律については、よく取り扱っています。
    
2 決済ビジネス
もともと、長島・大野・常松法律事務所で、金融部門において、銀行法・本人確認法・外為法のアドバイスや、資金調達/投資契約等の案件を多く手掛けていましたが、その後、経済産業省に出向し、割賦販売法・特定商取引法の改正作業に携わりました。割賦販売法の逐条解説も共著しましたし、課長補佐在任時に単著で、「詳説割賦販売法」という書籍も発売し、クレジットカード関係の案件(契約/法令等遵守体制の整備等)は、数多く取り扱ってきました。

クレジットカード等の決済分野に詳しい弁護士は他にも何人かいらっしゃるのですが、その中でも、自分レベルで英語が得意な社外弁護士となりますとほとんど思い当たりません。

Visa、MasterCard等のブランドルールも、ほとんど、英語であったりしますので、自分がお役に立てる部分が色々とあるかと思います。

また、金融の世界では、決済手数料等のフィーがどんどん下がる傾向にあり、データを活用した収入の獲得等、Fintechの活用が叫ばれています。データビジネスといえば、GAFA(Google, Apple, Facebook, Amazon)がよく言及されますが、GoogleもFacebookも広告収入がその大部分を占めています。広告・データビジネスに係る自分の知見を、多少なりともお役に立てられる部分があるかと思います。

割賦販売法、貸金業法(・出資法・利息制限法)、資金決済法、銀行法、犯収法・外為法等についてのアドバイスはよく行っております。

3 法令等遵守体制の構築、及び法令等の遵守状況のチェック
1や2で列挙した法令を中心に、社内規則等(稟議規程/セキュリティ規程/マニュアル等を含む。)の策定、契約システム等の法令等遵守体制の構築のサポート、法令等の遵守状況のチェック、及び、不祥事対応等の業務を行っています。

特に、法令等の改正に際しての社内規則等の策定、法令等の遵守体制の整備に際しては、いろいろな案件に携わってきています。

社内弁護士としての経験もありますので、どのような社内規則等であれば、遵守しやすいか、経営のスピードを阻害しないかという観点も持って、社内規則等の策定や、法令等の遵守体制の整備のサポートもやらせていただいています。

また、重要な法令違反等があった場合には、直ちに、不祥事件届出を提出し、法令等の違反状態を是正する必要がありますが、そのような対応のサポートの案件もやっております。経済産業省において、監督側の立場も見ていますので、依頼者側と監督側と双方の視点をもって、アドバイスできる部分もあるのではないかと思っています。
 
4 英文契約等の対応サポート
貿易契約、業務提携契約、ライセンス契約、JV契約、投資契約等、海外との英文契約については、幅広く契約ドラフト、契約コメント、契約翻訳、契約交渉等のサービスを提供しております。

弁護士は多数いるのですが、ネイティブなみの英語力を有している弁護士の数は、あまり多くありません。自分は、8年のアメリカ生活もあり、そのためもあって、キャリアを通じて、英文契約等の英語関係の仕事には多数関与しています。

お客様の海外での契約交渉にまで同行して、契約交渉をサポート等するということもあります。
  
また、契約のドラフト、契約へのコメント・交渉等だけでなく、翻訳を依頼されることもあります。
重要な契約交渉ですと、翻訳の正確性も高いレベルで求められるからです。

また、他の法律事務所の契約コメント方針/意見等に対するセカンドオピニオンを求められたり、他の法律事務所が既に受注していた英語契約案件について、途中から「代わりにやって欲しい」と依頼されることもあります。
  
データ戦略との関係では、取引金額がさほどいかない契約でも、重要な契約というのは多くあります。

決済(銀行法等の事業範囲の規制やブランドルールを含む。)のことが分かっていたり、広告ビジネス等のことがわかっていて、英語の契約も、きちんとできるという弁護士が、日本にどれだけいるのかということを考えた時に、お客様に高いクオリティのサービスを提供できる部分があると考えています。

5 その他
上記の他の業務を行っていないということではなく、企業内弁護士の経験等もあり、企業法務全般に係るサービスを提供しています。

過去の取扱案件
【インターネット・広告・データビジネス】
・ネットモールサイトに係る規制の各種調査、約款策定
・ネット店舗等の立上支援 
・広告規約の見直し、改定等
・広告ツールに係る規約の制定等
・広告/データ事業に係る業務提携契約
・DMPサービスの立上(約款の制定等)
・クラウドサービスの約款の改定
・顧客情報の漏えいの事故対応
・ゲームにかかる業務提携・開発委託等
・ゲームプラットフォームのための規約策定
・ゲームデベロッパーのための規約の策定
・システム構築時の法令規制チェック対応
・システム構築等の業務委託契約
・プライバシーポリシーの策定
・特定商取引法/個人情報保護法/景品表示法/下請法等の対応

【決済】
・割賦販売法、貸金業法、資金決済法、銀行法等に係る法務相談。
・クレジットカード、プリペイドカード、仮想通貨等に係る各種相談への対応
・加盟店契約等の各種規約のひな型の制定、修正
・国際ブランドとの契約の交渉
・クレジットカードのアクワイヤリング事業の立上
・国際ブランドのライセンス取得の支援
・各種法令や国際ブランドのブランドルールに対応した法令等遵守体制の整備の支援

【マネロン対策】
・犯罪収益移転防止法等に係る法令等遵守体制の構築(社内規則・マニュアル策定・システム構築等)の支援
・法令等遵守体制の整備状況のチェック(法令遵守の対応が不十分な部分の分析・指摘と改善提案)
・不祥事の行政庁への報告や改善対応の支援
・各種法務相談への対応

【国際取引】
・貿易のための基本契約書のひな型の作成
・貿易のための発注書・受注書のひな型の作成
・外為法/関税法等による規制の対応のサポート
・外為法に係る法令等遵守体制の整備の支援
・海外JV契約
・海外企業との株式譲渡契約
・海外企業とのソフトウェアライセンス契約
・海外企業のサービス利用契約
・各種契約の翻訳
・海外等での契約交渉に立ち会って同時通訳兼法務アドバイス

【その他】
・上記に係る各種社内規程等の策定
・社外/社内研修の講師